全感覚祭って知ってる?
Pocket

こんばんは。みつるです。

昨日会社の同期と参加してきた「全感覚祭2018」について紹介していきます。

まず全感覚祭とは、大阪の堺市で2日間に渡って開催される入場料無料の音楽イベントです。

僕は会社の同期に誘われるまでイベントの存在自体知らなかったし、
調べてみても有名なアーティストが多く参加するイベントでもなかったので、
正直乗り気ではありませんでした。

普段ラッドとかバックナンバーくらいしか聴かない僕が参加アーティストをざっと見た時に
知ってたのは呂布カルマだけ。
しかも、名前を聞いたことがあるだけでどんな音楽なのかも知らなかったです。笑

前日お酒飲んでたし、朝早いしめんどい、、、、笑

ただ、会社の同期がわざわざ岡山から来るので断ることは出来ず。

まぁ待ち合わせ時間には30分遅れたけど。笑

とりあえず、久々の再会だったので昼から居酒屋で乾杯。

ほろ酔い状態で会場に向かうとこんな感じ。

え??めっちゃ文化祭みたいで楽しそう!!!!

来てる人も髪がピンクの人だったり、レゲエとか、ドレッドの人とか。

え??こういう人って大阪のどこにいるん??

って感じで、あんまり今までの人生で関わったことがないようなタイプの人が多くいて
最初っからドキドキ!!笑

とりあえず会場でビールを頼んで、ビール片手に唯一知ってる呂布カルマの会場へ。
(会場は4つありました。すべて歩いて1分くらいです。)

さすが自分でも知っている呂布カルマの会場。すごい人だかり。

会社の同期が熱狂的なファンらしく、最前列へ。

俺は呂布カルマの顔知らんから、どれが呂布カルマなん??からのスタート。笑

周りがざわつき始めて初めて間の前にいるおじさんが呂布カルマなんだと気付いた。笑

普通にビール飲みながらラップしてるし、周りみんな踊りながら聴いてるし。

中でも同期が一番独特な動きしてた。笑

自分も最前列で見てるからには楽しもうと思って、
目をつぶって集中してたら自然と体がリズムに合わせて動くようになった。

目をつぶってたのは、周りの動きが気になって、音楽に集中できなかったし、
何より同期の動きおもろすぎたから。笑

呂布カルマのステージが終わった後は、4つのステージをぐるーっと周ってたんやけど、
スパッツ一丁のスキンヘッドの親父がマイク持って屋根上ってラップしてたり
屋根から飛び降りてくるし、熱狂的な若い女性がスキンヘッド親父についていくし、
マジでカオスだった。笑

ただ、めちゃめちゃ笑えたのは覚えてる。(この時点でまぁまぁ酔ってた)

とにかくいろんなステージ周って思ったのは、アーティストに迷いがないこと。

なんだこれ??ってアーティストたくさんいたけど、みんな自分の音楽に自信持ってた。
(持ってるように見えた)

なんかその姿は、素直に人として尊敬できたなぁ。

そして、ステージの終盤には、同期が一番楽しみにしていたという
カネコアヤノのステージへ。

すごく細くて小っちゃくてこんな子がどんな曲歌うんだろ?って思ってたけど、
すごかった!!!

全感覚祭イチの感動だったし、人だかりもすごかった!!!

細くて小っちゃいのにめちゃめちゃ力強い歌声で、
歌自体は独特の世界観あるし、歌ってる時の雰囲気がすごくアンニュイで
引き込まれた。

サポートのバンドメンバーの方も面白かったから写真につい収めてしまった。笑

すっかりカネコアヤノさんのファンになってしまいました。笑

謎の音楽祭だったけど、来年もぜひ行きたい!!!

カネコアヤノが来なくても、あの雰囲気は一度体験するべき!!!

完全に日常生活とかけ離れてて、ディズニーランドとかユニバに来てる感じ??
(少し言い過ぎか?笑)

少なくとも自分はそう思えたし、みんなにこのイベントについては広めたい!!!

入場料は無料だし、ビールとか唐揚げとかも売ってるし、お祭りとしても楽しめる。

投げ銭という募金はあるから、もしよかったら募金してね!!笑

なかなか他で味わうこと出来ないお祭りなので、来年ももし関西で開催されるなら、
関西在住の人は是非!!!

全感覚祭、最高でした。

最後に観た鎮座さんも面白かった。笑

大満足で会場を後にし、飲み屋街に繰り出しましたとさ。笑

自分に興味がないイベントでもタイミングが合えば行ってみるのもありだなぁと
強く感じた一日になりました。

以上!!!!!!みつる

イベントカテゴリの最新記事